エンゼルカレッジ保育士試験対策講座
よくある質問・Q&A
--TOP--
掲示板に質問を投稿する際、必ずチェックしてくださいね〜
同じような質問内容がある場合、その質問をクリックして回答をご確認願います。
【Q0】 このホームページの印刷方法は? H14.08.06 追記
【Q1】 保育士の資格を取得するにはH24.09.01 更新
【Q2】保育士資格試験の受験資格について   ※必ず見てね!H24.09.01 更新
【Q3】 保育士資格試験についてH24.08.30 更新
【Q4】 公立の保育所等(児童福祉施設)就職試験の受験資格について H14.02.10 更新
【Q6】過去問題を取り寄せるには H20.02.05 更新
【Q7】 無資格で保育園等で働くには 
【Q8】 保育士の職場 
【Q9】 お勧め問題集とテキスト H19.08.19 更新
【Q10】 準備(事前)講習会って何? H17.02.06 更新
【Q11】 全社協(ぜんしゃきょう)の本って何?H24.08.15 更新
【Q12】 ピアノってどの程度弾けないとダメ? H18.12.28 訂正
【Q13】 保育士って? H13.08.30 追記
【Q14】 保育士試験を受験するには?H24.09.01 更新
【Q15】 コールユーブンゲンって何? H13.09.17 追記
【Q16】 メルマガバックナンバーの解答はどうしたら見れるの? H14.05.20 追記
【Q17】保育士資格の国家資格化ってどういうこと? H16.07.01 更新
   
【Q99】その他のご質問は、こちらから投稿願います。 H17.02.22 更新

※随時内容の追加及び充実を行っています。

【Q0】 このホームページを印刷するには

このホームページを印刷するには

 このホームページは、フレーム形式で出来ています。
 印刷時に 『フレーム印刷の設定』 について、ご確認ください。

 IE(インターネットエクスプローラ)の左上(メニューバー)に表示されている
 『ファイル(F)』をクリックし、その中の『印刷』をクリックします。
 IE9の場合、「オプション」タブをクリックして設定してください。

 表示された画面に 『フレームの印刷』指定があります。
 その設定を、★「選択されたフレームのみ印刷する」にチェックしてください。

 ※印刷時に右端が切れる場合
 IEの「ファイル」−「ページ設定」で左右の余白の指定を以下のように設定願います。
   「左余白:10mm」 「右余白:5.12mm」  用紙(A4・縦)

 ※「背景の色とイメージを印刷しない」の設定を確認願います。 
  ○確認1 --- インターネットオプション・詳細設定
  ○確認2 --- 印刷プレビュー・ページ設定・用紙オプション
  印刷プレビューで、背景が印刷されないことを確認下さい。

 どうしてもうまく印刷出来ない場合は、
 ”コピー&ワード画面等への貼り付け”で対処して頂きたくお願い致します。

 [注意] 2001年バックナンバーにつきましては、右端が切れる頁があります。
     その場合は、B4→A4の縮小印刷で印刷願います。
【Q1】 保育士資格をとるには

保育士の資格を取得するには

 保育士資格をとるには次の2つの方法があります。

  1. 厚生労働大臣の指定する保育士を養成する学校その他の施設で所定の課程・科目を履修し卒業する。
  2. 保育士資格試験に合格する。
 このいずれかの方法で保育士資格を取得し、保育士登録を行い、
 保育士証の交付をもって保育士として就業できます。

【Q2】 保育士資格試験の受験資格について

保育士試験 受験資格
(児童福祉法施行規則 第40条 → 第6条の9参照)
(昭和63年厚生省告示第163号 参照)

   保育士養成協議会(保養協)のHPで確認 ←まずは、ここをクリック

  1. 学校教育法による大学(大学院)卒業された方。
     
  2. 学校教育法による大学に2年以上在学し、かつ62単位以上修得
    された方。(見込みを含む)
    ***見込みとは****************************************************
     学校教育法による大学に1年以上在学している者であって、年度中に62単位
     以上修得することが見込まれる者であると当該学校長が認めた者。
    ***************************************************************


  3. 学校教育法による短期大学・専修学校(修業2年以上)・各種学校を
    卒業
    された方 (卒業見込みを含む)。
    ***見込みとは****************************************************
     学校教育法による短大・専修学校(修業2年以上)・各種学校に1年以上
     在学している者であって、年度中に卒業することが見込まれる者であると
     当該学校長が認めた者。
    ***************************************************************


  4. 学校教育法による高等専門学校を卒業された方(卒業見込みを含む)。
    ***見込みとは****************************************************
     学校教育法による高等学校の専攻科(修業2年以上)の最終学年に在学している者
     であって、年度中に卒業することが見込まれる者であると当該学校長が認めた者。
    ****************************************************************


  5. 児童福祉施設において5年以上児童の保護に従事した経験を有する方。
    ***************************************************************
     認可児童福祉施設に 1日6時間以上かつ1ヶ月20日以上勤務
     5年以上の勤務で、総勤務時間数が7,200時間以上
    ***************************************************************

  6. 平成3年4月1日以降で学校教育法による高等学校若しくは中等教育学校卒業され、かつ児童福祉施設において2年以上児童の保護に従事した経験を有する方。
    ***************************************************************
     認可児童福祉施設に 1日6時間以上かつ1ヶ月20日以上勤務
     2年以上の勤務で、総勤務時間数が2,880時間以上
    ***************************************************************

  7. 平成3年3月31日までに学校教育法による高等学校を卒業された方。
    ***************************************************************
     昭和63年の保母試験受験資格の見直しにより、
     昭和63年から高卒程度から短大か専門学校卒業程度に引き上げられています。
     但し、  ★その経過措置として、平成3年3月31日までに学校教育法による
      高等学校を卒業された方は、受験資格があるとされています。

     児童福祉法施行規則の附則 (昭和63年5月28日厚生省令第36号)
    ***************************************************************

  8. 平成3年3月31日時点児童福祉施設において3年以上児童の保護に従事した経験を有する方。

  9. 平成8年3月31日までに学校教育法による高等学校の保育科卒業された方。

  10. 外国において、学校教育における14年以上の課程を修了された方。

  平成24年度より受験資格緩和
  (以下に該当する者は、都道府県知事の認定を受け受験ができる)
  1. 学校教育法による高等学校を卒業した者もしくは中等教育学校を卒業した者もしくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。)または文部科学大臣においてこれと同等以上の資格を有すると認定した者であって、以下に掲げる(ア)〜(オ)の施設等において、2年以上の勤務で、総勤務時間数が2,880時間以上、児童等の保護または援護に従事した者。

    (ア)「子育て支援交付金の交付対象事業等について」に規定するへき地保育所

    (イ)18歳未満の者が半数以上入所する次に掲げる施設等
    a:障害者自立支援法(平成17年法律第123号)に規定する障害者支援施設
    b:障害者自立支援法に規定する指定障害福祉サービス事業所(生活介護、自立訓練、就労移行支援又は就労継続支援を行うものに限る)

    (ウ)「保育対策等促進事業の実施について」(平成20年6月9日雇児発第0609001号)に規定する家庭的保育事業及び、複数の家庭的保育者が同一の場所で保育を実施するグループ型小規模保育事業

    (エ)「放課後子どもプラン推進事業の実施について」(平成19年3月30日18文科生第587号雇児発第0330039号)に規定する放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)

    (オ)児童福祉法第39条第1項に規定する業務を目的とする施設であって同法第35条第4項の認可を受けていないもの(認可外保育施設

  2. 上記(ア)〜(オ)に掲げる施設等において、5年以上の勤務で、総勤務時間数が7,200時間以上、児童等の保護または援護に従事したもの。

    (ご注意)
    「保育士試験受験の手引き」に、詳しい受験資格が掲載されます。
    必ず、最新情報を確認の上、受験願います。
【Q3】 保育士資格試験について

保育士資格試験について

  1. 【試験期間】 最近の傾向としては、毎年8月初旬に筆記試験が、10月中旬に保育実習実技試験が実施されています。

  2. 【試験科目】
    <筆記試験>
    平成25年度より科目名改正・(保養協HP) ←まずは、ここをクリック

    (平成25年度より試験科目名変更)
    1. 社会福祉
    2. 児童家庭福祉 (旧:児童福祉)
    3. 保育の心理学 (旧:発達心理学及び精神保健)
    4. 子どもの保健 (旧:発達心理学及び精神保健+小児保健)
    5. 子どもの食と栄養 (旧:小児栄養)
    6. 保育原理
    7. 教育原理及び社会的養護 (旧:教育原理及び養護原理)
    8. 保育実習理論

    <保育実習実技試験>
    保育実習実技
    実技試験は、筆記試験のすべての科目に合格した者のみ受験可能です。

  3. 【出題方式】
    偽式、完成方式、選択式、組合せ式等客観的に採点可能なものを原則とされています。平成16年度以降、全問マークシートです。

  4. 【合格基準】
    一科目の合格点は満点の6割以上とする。
    ただし、教育原理及び社会的養護については、教育原理及び社会的養護それぞれ満点の6割以上でなくては、合格になりません。
    一方の科目のみ6割以上でも合格になりません。

  5. 【科目合格】
    合格した科目は、その者の願いにより、翌年及び翌々年に限り 当該科目の受験を免除することができます。3年間有効です。 3年間の間で筆記8科目+実技に合格すれば、資格が取得できます。

  6. 【受験費用】
    12,700円(H16より)です。1科目でも全科目でも同じです。
   ※詳細は、こちらをクリックしてご覧ください。
【Q4】 公立の保育所等(児童福祉施設)就職試験の受験資格について

 ※各都道府県によっても異なると思いますので、ご自分で必ず確認下さい。

 ●平成24年堺市の場合
  <平成24年度堺市職員採用試験受験案内(pdf)> ←ここをクリック
  第一次試験日:平成24年9月23日(日)

  保育士 11名程度(募集)
  (受験資格)
  昭和52年4月2日以降に生まれた人で、保育士登録を受けている人
  又は平成25年3月31日までに保育士登録を受ける見込みの人で、変則勤務が可能な人


 ●平成24年度 千代田区職員〔福祉(保育士)〕の募集
  第1次選考 平成24年8月26日(日) [教養・専門試験、作文] 
  第2次選考 平成24年9中旬予定 [面接・適性検査] 

  福祉II類(保育士)  5名程度
  応募資格  (1)から(3)の要件を全て満たす方 
  (1)保育士資格を有し、都道府県知事の登録を受けている方
  (保育士資格取得見込みの方は、平成25年3月31日までに都道府県知事の登録を
   受ける必要があります) 
  (2)国籍を問わず、昭和58年4月2日から平成5年4月1日までに生まれた方
  (3)地方公務員法第16条の各号のいずれにも該当しない方
【Q6】 過去問題を取り寄せるには

平成16年度・保育士試験問題を取り寄せるには

【Q7】 無資格で保育園等で働くには

 ※MLメンバのひでちんさんより
 職安(現在のハローワーク)に行けば無資格でも、数件募集はあります。
 それと、市町村で公立の保育所の保育士募集というのがあります。
 市役所の保育課など保育担当の部署にそういう募集は無いかを問い合わせてみるの
 も良いのではないでしょうか。
 後は、直接私立の児童福祉施設に募集は無いかを聞いてみるのも手です

 ※MLメンバの清華さんより
 ひでちんさんがお答えしてくださっている通り、区役所、市役所の保育担当課
 (自治体によっては呼び名が違うかもしれまんが)に聞くか、履歴書持参で
 アタックされてはいかがでしょうか?
 ハローワーク・パートバンク 新聞広告の求人チラシに掲載されていることも
 ありますよ。
 他には「福祉の仕事・職種・資格ホームページ」というHPもあります。
 福祉のお仕事(HP) ←ここをクリック  
【Q8】 保育士の職場

保育士が働ける児童福祉施設

  1. 保育所
  2. 児童養護施設
  3. 障害児入所施設
  4. 児童発達支援センター
  5. 情緒障害児短期治療施設
  6. 乳児院(看護師の代わり)
  7. 母子生活支援施設(母子支援員は、保育士も該当する)
  8. 児童厚生施設(児童の遊びを指導する者は、保育士も該当する)
  9. 児童自立支援施設(児童生活支援員は、保育士も該当する)等
【Q9】 お勧め問題集とテキスト

お勧め問題集とテキスト

  1. 【問題集】
      (1)本サイトの毎日の問題&バックナンバーの中の問題
       ※本サイト内の問題は、数年間の過去問題を分析して掲載しております。
       ※本サイトの問題数は、1000問を越えています。平日毎日増えています。
      (2)保育士試験の過去問題


  2. 【テキスト】
      (1)本サイトの重点課題内容(出題傾向がわかります)
      (2)『保育士養成講座』全国社会福祉協議会出版 Q11参照
        ※必ず、最新版を購入願います。
      (3)通信教育の教材(試験対策・アドバイス情報あり)
      (4)『保育所保育指針』厚生労働省児童家庭局 定価150円
        ※注意※『保育小六法』の中にも『保育所保育指針』記載あり
      (5)『幼稚園教育要領解説』文部省 フレーベル館  定価 110円
      (6)『幼稚園における道徳性の芽生えを培うための事例集』
        定価 130円  平成13年3月 文部科学省

  3. 【補助テキスト】
      (1)『保育小六法』中央法規出版
        ※毎年新しくなりますので必ず最新版を購入して下さい。
      (2)『社会福祉用語辞典』ミネルヴァ書房
        ※こちらも、最新版を購入願います。
      (3)『保育所保育指針解説』フレーベル館発行
      (4)『保育用語辞典』ミネルヴァ書房

    bk1では購入合計が1,500円以上で送料無料です。
【Q10】 準備(事前)講習会って何?

準備(事前)講習会って何?

  • 各都道府県(数箇所)で行われる保育士試験に向けての事前(直前)試験対策講習会です。
  • その都道府県での出題傾向がつかめるため、お時間のある方は是非参加されてはいかがでしょうか?
  • まれに、準備講習会で勉強した内容がそのまま試験問題として出題されたりもします。
  • 準備講習会の連絡先に関しては、各都道府県の社会福祉協議会に電話すると教えてもらえます。但し、全都道府県では、行っていませんので、ご注意ください。

【Q11】 全社協の本って何?

全社協の本って何?

  • 全国社会福祉協議会(電話:03−3581−9511)が発行している
    『保育士養成講座』という本です。
  • そのテキストのことを受験者の間で、全社協の本って呼んでいます。
  • 保育士試験会場に行くと、たくさんの方が持っていらっしゃいます。
  • 事前講習会用のテキストとして使用されている都道府県も多いです。

    平成24年8月15日現在
    平成25年度保育士試験対応テキスト
    『新 保育士養成講座』一覧
    第1巻 保育原理第2巻 教育原理
    第3巻 児童家庭福祉第4巻 社会福祉
    第5巻 社会的養護第6巻 保育の心理学
    第7巻 子どもの保健第8巻 子どもの食と栄養
    第9巻 保育実習(第10巻 家庭支援論)
    (第11巻 保育内容総論)(第12巻 保育者論)

    ↓↓↓この表紙のシリーズ
        

    「保育士養成講座」で検索してください。

    平成24年度までの保育士試験対応テキスト
    『改訂 保育士養成講座』一覧
    第1巻 社会福祉第2巻 児童福祉
    第3巻 発達心理学第4巻 精神保健
    第5巻 小児保健第6巻 小児栄養
    第7巻 保育原理第8巻 養護原理
    第9巻 教育原第10巻 保育実習
    第11巻 家族援助論 


    平成13年度までの保育士試験対応テキスト
    『保育士養成講座』一覧
    第1巻 社会福祉第2巻 児童福祉
    第3巻 児童心理学第4巻 精神保健
    第5巻 保健衛生学第6巻 生理学
    第7巻 看護学及び実習第8巻 栄養学及び実習
    第9巻 保育原理第10巻 養護原理
    第11巻 教育原理第12巻 保育実習


    ※注意※ 発行年月を確認して、最新版を購入してください。
【Q12】ピアノってどの程度弾けないとダメ?

ピアノってどの程度弾けないとダメ?

  • 平成16年度の保育士試験より、全国統一の試験問題となり、保育実習実技は選択性となりました

  • 保育実習実技で音楽を選択しない場合は、ピアノなどの実技試験はありません。そのため、選択しない場合はピアノが弾けなくても、他の実技科目により合格することが可能となりました。

  • 音楽を選択される方につきましては、バイエルの60番〜106番ぐらいを弾けるように練習することをお勧めいたします。
  • ほとんどの方が安価な『キーボード』を購入して、自宅では指使いの練習をしています。
  • しかし、キーボードでは、ピアノとタッチ感がものすごく違うので、試験前にはピアノ練習室を借りて、練習されている方が多いです。
【Q13】 保育士って?

保育士って?

  • 保育士とは、いわゆる保母さん、保父さんのことをいいます。
    平成11年4月の児童福祉法改正により、名称が変更になりました。

  • 保育士資格を持ってると、保育園(所)だけではなく、以下の児童福祉施設で働くことができます

  • 保育所・児童養護施設・障害児施設・肢体不自由児施設・母子生活支援施設・児童厚生施設・児童自立支援施設等で働くことができます。

【Q14】 保育士試験を受験するには?

保育士試験を受験するには?

  • (参考)『平成24年保育士試験受験の手引き』(pdf) ←ここをクリック

  • 毎年、4月1日に保養協のHPで『保育士試験受験の手引き』が掲載されます。
  • 『保育士試験受験の手引き』を保養協HPより申請して取得する。

  • その『保育士試験受験の手引き』にしたがい、受験申請を行います。
  • はじめて受験する場合に必要なもの
     (1)受験申込書(『保育士試験受験の手引き』に添付)
     (2)受験資格があることを証明する書類
      (例:短大・大学卒業証明書、62単位取得見込み証明書等)
     (3)写真 (枚数・サイズは都道府県によって異なります。
         詳しくは受験地の『保育士試験実施要項』参照)
     (4)戸籍抄本
       但し、婚姻等によって(2)の証明書と名前が異なる場合のみ
     (5)試験手数料

  • 2回目以降で一部科目試験免除の場合は、一部科目合格を証明する
     書類が必要です。

    (注意)
    必ず、受験する年度の『保育士試験受験の手引き』を参照下さい。
【Q15】 コールユーブンゲンって何?

コールユーブンゲン

合唱練習という意味で、フランツ・ヴェルナーが作った3巻からなる
「合唱のための教則本」を一般に指す。

第1巻が音程とリズムの練習で、第2巻から実際の合唱の練習に入るように作られている。
【Q16】メルマガバックナンバーの解答はどうしたら見れるの?


メルマガのバックナンバー = 重点課題のバックナンバーです。
メルマガバックナンバーは、「まぐまぐ」管理のため解答は載っていません。

 ◆毎日のページ構成◆以下の4段構成になっています。

  **************************************
    2012年11月01日 の 重点課題 
   (例2012年11月01日 社会福祉の基本理念  )
  **************************************
    2012年11月01日 の 今日の問題
    ●メルマガの問題
  **************************************
    2012年11月01日 の 解答と解説 
    ●メルマガの解答 
  **************************************
    関連、バックナンバーの問題と解説へのリンク

 要するに、毎日の今日の問題=メルマガの問題です。
 ですから、それぞれの重点課題を開くと一番下に解答が必ずあります。
  
【Q17】 保育士資格の国家資格化(保育士資格の法定化)ってどういうこと?


 「児童福祉法の一部を改正する法律」が、平成13年11月30日に公布され、
 これまでの公的資格から国家資格化(保育士資格の法定化)
 に変わりました。

 保育士資格については、これまで法律ではなく、政令以下の規定に
 基づき都道府県が資格を付与していたが、今回の改正により、
 児童福祉法に、保育士の定義・資格取得方法・名称独占・守秘義務等が
 規定され、登録証が交付されることとなりました。
 ただし、資格付与が都道府県から行われる点は変更ありません。

 【施行日】平成15年(2003年)11月29日
  → 保育士試験は平成16年度から全国統一試験になりました。

 【補足】「保育士資格の法定化」であって国が行う「国家試験」
    ではなく、あくまでも都道府県が試験を実施します。

 ********************************
 児童福祉法の第18条の八・九をご覧ください。
 「都道府県知事が保育士試験を行い、指定試験機関を選択、委託」
 ********************************

 平成16年度の試験では、全都道府県が同一の試験機関に委託
  行ったため、全都道府県で試験日程・試験問題内容が全て同じに
  なりました。<委託機関:全国保育士養成協議会>


 【経過措置】   経過措置として法施行の際すでに保育士となる資格を有する者と   みなされた方については、施行後3年間(平成18年11月28日まで)   は名称独占規定が適用されないことになっています。   現在保育士として働いている方で登録を受けていない方は経過措   置期日までに手続きを受ける必要があります。